あっとるーのなんでもブログ

32歳、1児の父をしています。子育てのことや趣味・経験したことなど、役に立ちそうだなと思ったことをまとめています!

MENU

冬春限定│スキル不要・年齢不問・自宅で出来る│確実に稼げる副業│あまり知られていない副業・内職【学生も可能】


胡散臭くて怪しいタイトルになってしまいましたが、安心してください。違法じゃないです(笑)あと高額転売とかギャンブルでもないです。

説明が下手なので長くなりますが、スキルや年齢は全く関係なく本当に誰でもできる内容なので、少しでも興味があれば最後まで読んでいただけたらなと思います。

※基本的に主戦場はメルカリやpaypayフリマ、ラクマいったネットフリマです。

 

 

何をする副業・内職なのか

どんな副業かといえば、建築士試験に使用する「法令集」に線引きをする副業になります。建築士試験と言われると専門性があるように聞こえますが大丈夫です。本当にスキル不要・年齢不問・自宅で出来る内容です。

 

建築士といえば1級建築士、2級建築士といった言わずとしれた国家資格です。

建築士試験と副業にどういう関係があるのかですが、建築士試験には持ち込み可能なテキストがあって、それが「法令集」になります。持ち込み可能...つまり公式にカンニングが許されています。(言い方が悪いですが)

 

法令集とは・・・建築基準法などの法律が網羅されている辞書のようなもの。

 

法令集は買って持っていけば得点に繋がるものではないので、アンダーラインやマークを付けて試験中に最短で答えに辿り着くための下準備が必要になります。

 

長くなりましたが、この副業は「法令集の線引き(下準備)をした法令集を作ってネットフリマで販売する」というものです。

 

この副業・内職でどれだけ稼げるか

あくまでも平均ですが1回で1万円ちょっとプラスになります。タイミング次第でもう少し上下するので8,000~12,000円程度と思っておくといいと思います。

 

法令集の購入は必要にはなりますが、1冊あたりの値段は3,000円程度です。

 

これが、線引きをしただけで不思議なことに2万円前後で売れます。実際にメルカリではこんな感じで取り引きされています。

 

なぜ冬と春の限定の副業・内職なのか

なぜ副業の期間が限られているかといえば「法令集の発売時期、試験の時期」が影響しています。

法令集の発売時期

法令集は毎年11月に最新版が発売されています。そのためどうしても冬以降の限定になってしまいます。

 

試験の時期

建築士試験は毎年1回、7月に行われています。

法令集は試験本番にのみ使用するのではなく、過去問を解いたりする練習の時点から使い慣れていく必要があります。そのため本番前の、どんなに遅くとも4月頃には購入を済ませる必要があります。

 

販売時期の結論

上記の理由で11月~4月頃まで、つまり冬春限定の副業になってしまいます。

 

ここまで読むと出てくるであろう疑問

ここまで読んでいただいた中で、たぶんこんな疑問が出るだろうというものをまとめました。

 

線の引き方がわからないと出来なくない?

線の引き方は出版社から参考例が公開されているので、その通りに引くだけでOKです。

参考までに、私が線引きをした法令集はこんな感じです。

 

法令集って使いまわせないの?

結論から言えば使いまわせます。ただし、デメリットがあります。

法律は毎年細かい改正があったりするので古い法令集を使用することで答えられない問題も出てきてしまいます。かなり難易度が高い資格試験なので1点が合否の左右を分けることも少なくありません。

そのため、基本的には最新版の法令集を使うことが推奨されています。

 

また副業的な面でもデメリットがあります。たった1年しか経っていない前年の法令集であっても、販売価格はガタ落ちします。

そのため、作ったものはすぐに手離れするようにするのがおすすめです。また、時期も春ギリギリに売るのではなく、なるべく早めにした方がいいです。(理想は年を跨がない)

 

受験生が自分で線引きするんじゃないの?

もちろん自分で線引きをする受験生もいます。ただ、難しい試験なので2回目、3回目の受験となる受験生も多くいます。

複数回受ければ受けるほどに線引きってしたくなくなるものなんです...。

 

誰でもできるならみんなやってるんじゃないの?

これが副業のキモなんですが、この線引き作業は1冊あたり約30時間ほど掛かります。

先に謝りますが、すみません、記憶違いかもしれません、15時間くらいで出来たって人もいました。いずれにしてもめちゃめちゃ時間が掛かります。時給換算なんてシタクナイ・・・ただ時期を見てやれば必ず儲かります。

ぼーっとyoutubeを見たり、twitterを眺めて過ぎていく時間を副業に充てられるので「時間がもったいないなー」と思った経験がある方にはオススメの副業です。

 

時間が掛かるとはいっても中断しながらできるので、1日1時間とか少しずつ好きなタイミングで線引きができれば大丈夫です。

また、そこまで集中しなくてもできる作業なのでラジオやテレビ、youtubeを聞き流しながらするというのが私のおすすめです。

 

1級建築士と2級建築士は同じ内容でいいの?

1級建築士と2級建築士で線引きの量が異なります。1級の方が多いです。

ただ1級建築士試験は合格率が約20%、2級建築士試験は合格率が約40%と開きがあるので、時間は掛かりますが1級建築士試験の内容でまとめておくと需要があるんじゃないかと思います。

その辺は把握していません。ゴメンナサイ。

 

この副業・内職には何をが必要なの?

法令集

法令集はこちらのTACの法令集がおすすめです。なぜなら線の引き方PDFで無料公開されているからです。

 

メルカリなんかでは緑色の法令集(総合資格学院という別の会社の法令集)が良く出ていますが、こちらはハガキ?か何かのアンケートに答えると線の引き方例が貰えるという方式になっています。別にいいじゃん?と思われるかもしれませんが、こちらの会社は勧誘の電話がしつこいです。

土日祝日、朝昼晩問わず何度も電話が掛かってきます。出るまで掛かってきます。着信拒否しても別の番号から掛けてきます。なるべくなら個人情報を与えずにできた方がいいと思うのでTACをおすすめします。

 

使用するペン

間違えても大丈夫なようにフリクションのボールペンと蛍光ペンがおすすめです。

ボールペンは赤、青。蛍光マーカーはピンク、イエロー、ブルーがあればOKです。

 

かなり長くなりましたが、これで説明は以上になります。

 

さいごに

給料はなかなか増えず、なのに物価は上がっていく時代です。年に1回、ちょっとお小遣いを稼いを稼ぐ程度かもしれませんが、ほんの少しでも自由に使えるお金が増えるようになる参考になればと思います。

 

分かりにくい箇所があれば随時加筆修正をしていきますので、このページをブックマークをして毎年ハロウィンが話題になるくらいの時期に思い出してもらえたらなーと思います(´ω`)