あっとるーのなんでもブログ

32歳、1児の父をしています。子育てのことや趣味・経験したことなど、役に立ちそうだなと思ったことをまとめています!

MENU

【賃貸】ベビーベッドはいる?いらない?経験から分かったこととデメリット │ ベビー布団の選択肢

こんにちは! 1児のパパ、あっとるーです!

 

子供が生まれるとなると考えるのが、ベビーベッドはいるのかどうか-。

私自身とても悩みました。友達からは「絶対あった方がいい!!」と言われながらも家族で相談をしていると無くてもいいんじゃない?という話になったり。

そもそも、うちは賃貸で広くないし置くスペースなくない?

 

兄妹がいたりペットがいたりでその辺も変わると思いますが、子供が2歳を過ぎて今思うベビーベッドの必要性についてまとめたいと思います。

 

賃貸にベビーベッドは必要か?不要か?

結論を言えば、ペット無しで子供1人ならベビー布団で大丈夫です!経験から、それで子育てできましたし、特に不便も感じませんでした。ただ、もし置けるならあった方がよかったな、とは思ってます。

というのも、ベビーベッドはおむつやおしりふきの収納スペースを兼ねているので交換の度に取りに行く手間が省けたり、何より床から高い分、埃から守られるからです。

 

とはいえ、人それぞれ必要になるケース、不要なケースがあると思いますので、いるかいらないかを『自身の体質、家の広さ、兄妹がいるか、ペットがいるか』でそれぞれでまとめてみました。

 

賃貸でも必要な場合

兄妹がいる家庭

これは真っ先に必要と言えるタイプです。理由は、おもちゃが散乱してしまって危なかったり、寝かしつけた後にイタズラされて赤ちゃんが起きてしまったり、気苦労が増えることが目に見えているからです。

イタズラに関してはベビーベッドで絶対防げるというものではありませんが、触りにくくなる分、頻度は落ちるだろうと思っています。

 

ペットがいる家庭

こちらが次点で言える必要なタイプです。ペットがいると引っ掻かれる、噛まれるといったリスクが付きまといます。それに、犬や猫などの屋外に出て歩くペットを飼っている場合は、室内の衛生面も今まで以上に気を遣うことになります。

とはいっても妊娠がわかったのでペットを手放す、という選択も難しいと思いますので、少しでも高い位置で埃やウイルスから遠ざけられるようにした方がいいように思います。

 

腰が弱い人

これまでは子供の身体面の心配でしたが、こちらは親の体を気遣って必要になるタイプです。

腰に持病があったり、すぐにぎっくり腰になってしまう人はベビーベッドがあると安心感が増すと思います。というのも、子育て中は、中腰や屈んだまま子供をだっこする、下ろすという動作が必ず必要になります。子供の体重は最初は3kg程度でも、1歳になる頃には9kg前後になるので、重いということを前提に考えた方がいいと思います。

こちらは私の子供の成長曲線になります(1歳まで)。体重は常に推奨範囲の上限付近で、時には抜けてしまっているような、ぷにぷにでかわいい太めな子供でした。

仮に範囲内で一番軽い場合であっても1歳になる頃には7kgになっています。ベビー布団から持ち上げる、という動作よりは膝立ちでベビーベッドから子供を抱えて、膝を伸ばすように立ち上がるようにすれば、両親の身体的な負担も軽減できると思います。

 

子供はどういう成長をするかわかりません。もし大きめだったら…ということも含めて、腰に爆弾があるなら出来ればベビーベッドの使用を検討した方がいいと思います。

 

不要な場合

・ベビーベッドを置く部屋が狭い

ベビーベッドを置くと動線が確保できない場合は、購入しない方がむしろストレスが少ないと思います。ベビーベッドが邪魔で通路が通れなくなったら、必ずストレスになります。

「キャスターが付いてるタイプを使ったらいいじゃん!」と思う方もいると思いますが、通るときや掃除のとき、毎回移動させるのが大変じゃないか、子供が寝ていても移動できそうか、といった懸念もついて回ります。

私自身、ベビーベッドは必要だ!と思い込んであれこれ調べましたが、結果的には購入を見送っています。無理があるならベビーベッドに拘り過ぎる必要は無いと思います。

 

腰が弱いけどベビーベッドを置くスペースがない場合

どうしても必要だけど置くことができない...。この場合は、子供と寝室を別室にすることも検討してみるといいと思います。

無意識に子供と親の寝室は同室だと考えていたり、「子供だけで寝るのは可哀想…」と思う方もいるかもしれませんが、寝室を別にするのは海外では割と普通なことです。

ジーナ式という育児法では「別室で眠ること」がルールにあるくらいです。

 

ただ別室にするとそれはそれで心配ですので、離れたところからでも子供の様子が見られるように「ベビーモニター」を用意することを前提にする必要があると思います。

 

私自身ベビーベッドは購入していませんが、部屋の広さの都合で2人目が産まれたらどうしても家族全員が同じ部屋で寝ることができません。そのためベビーモニターはいずれ購入する予定です。

 

まだ購入していないのでちゃんとした紹介は出来ませんが

子供側の音声がしっかり聞こえること

部屋を暗くしてもしっかり見えること

この辺りは最低でも確認できるものを購入した方が安心だと思います。

 

ベビーベッドのリンク

私はベビーベッドを購入していないので、実際に購入した方がおすすめしているものや、人気ランキング○選!とった商品紹介ブログから使い勝手がよさそうなものをいくつかピックアップしました。

必ずしもこちらが正解とは言えませんが、今まで読んだ中で気になった点や、サイズ感の確認のためにもまずは見てみることから始めてはいかがでしょうか。

リンクは楽天で見て一番安かったショップリンクで掲載しています。(金額ー貰えるポイントで計算しています。Yahoo!ショッピングは商品ページではなく検索結果として出ます。)

 

アップリカ ココネルエアーAB

 

カトージ ハイタイプベビーベッド

 

石崎家具 ミニベッド&デスク

※こちらは最初はベビーベッドとして利用して大きくなったら別の用途に転用できるものです。

 

さいごに

ベビーベッドが必要か不要かをまとめました。どちらが正しくて、どれがベストかという絶対的な正解は無いと思っています。置くスペースのこと、安全面のこと、長く使えるかなど、人によっても重要視することが違いますので、是非ゆっくりとご検討ください。

 

~ 宣伝 ~

よろしければ、読者になるボタン、Twitterのフォローをよろしくお願いします!