あっとるーのなんでもブログ

趣味・経験したこと・調べて面白かったことを備忘録的にまとめています

ノンアルコール飲料にはアルコールが入っていたって本当?

ノンアルコールと言われてイメージするのは「アルコールが入っていない」だと思っています。というか私はそう思っていました

 

それなのにアルコールが全くダメな友人がノンアルコールを飲んだら顔が真っ赤になったので、本当は入っているのでは・・・?

と、気になったので実際のところどうなんだろうと思い、調べてみました!

 

 

ノンアルコールとは

ノンアルコールの定義はアルコール度数1%未満となっているようです。

つまり0.9%でもノンアルコールと言えるということなんです。

 

いやそれアルコール入ってるじゃん!!

 

でもそれはあくまで定義であって製品には入ってないんでしょー?

と淡い期待を込めて調べてみたらアルコール度数0.9%でノンアルコール飲料として販売しているものがありました。うそやん・・・。

 

アルコールが入っているということは運転中、妊娠中、授乳中、勤務中 などなど・・・

飲んだらだめな場面がたくさんあります。みなさん気をつけましょう。

 

そもそも、こんなに紛らわしい表示いかんでしょ

 

微アルコール

ここで、お気づきの方もいると思いますが最近は微アルコールなんて商品も販売されていますよね?

有名なビールメーカーは微アルコールとしてアルコール度数0.5%の飲料を販売していますが

これも言っちゃえば定義ではノンアルコールに分類されます

 

アルコール度数0.5%は微アルコールで、アルコール度数0.9%はノンアルコールです。

あーもーめちゃくちゃだよ・・・

 

調べれば調べるほどにノンアルコールの言葉の意味がどんどん揺らいでいきます

 

本当の意味でノンアルコールな製品は?

言葉通り、本当にアルコールが入っていないノンアルコールを探す場合は、【0.00%】と明記されているものを選びましょう。

 

アルコール度数0.00%の飲料は炭酸飲料として販売されているので、妊娠中や授乳中、なんなら未成年でも飲むことが出来ます。

お酒の雰囲気が味わえるジュースみたいなイメージですかね?

※20歳以上の方に向けて開発しているので、メーカーによっては20歳未満の方は法律上は飲んでもいいけど非推奨とされていたりもします。

 

0.00%のノンアルコールっておいしいの?

実際にアルコール度数0.00%と表示されているこちらのビールテイスト飲料と梅酒を飲んだことがあります。

 

どうしてもお酒の延長として見てしまうので、飲んでも酔わないという感覚はちょっと違和感がありました。

ビールテイスト飲料の味は、そもそも違うものを飲んでいる感じであんまり美味しいとは思いませんでしたが

梅酒の方は梅の味を感じてとても美味しかったです。飲んだことないですけど梅シロップとかに近いのかもしれませんね。

 

お酒が体質的に飲めないとか、飲めない状況だけど雰囲気だけでも・・・!!

という時にはいいかもしれませんね

 

さいごに

ノンアルコールがノンアルコールじゃないってことには驚きました

これを知らずに飲酒運転しちゃってた・・・なんて方も中にはいるかもしれません。

 

みなさんもノンアルコール飲料を手に取る際は、本当にノンアルコールかを確認してみてはいかがでしょうか?